プログラム開発の情報や、雑記を投稿しているサイトです。

postman | 基本的な利用法の説明

postmanのダウンロード

Download Postman | Try Postman for Free からbitを選択してEXEをダウンロードします。

インストールは、画面の指示に従えば、特に問題ないと思います。

Collection 作成

postman を利用するには、Collection を管理した方が、リクエストの整理がしやすいです。
そのため、最初に、Collection を作成します。

メニューにある[New Collection]を選択します。

Collection作成画面が表示されるので、Collectio名を設定します。
ここでは、「sample」で進めていきます。

Collection名を入力し、「Create」ボタンをクリックします。

登録すると、左側にあるツリーに、新しいCollection名が選択できるようなります。

「sample」を選択し、各リクエストを登録していきます。

GET Requestの作成

「New」を選択します。

「Request」を選択します。

「Add Request」を選択します。

下記の画像のとおり、必要な項目を入力し、[Save To sample]をクリックして保存します。

下記の画像のとおり、必要な項目を入力します。

今回の例では、GETリクエストを送信するために、「GET」を選択し、URLを入力します。

URLを入力し、「Send」をクリックすると、設定内容に応じた、リクエストが送信されます。

正常にリクエストが送信されると、下記の画像のとおり、レスポンスが表示されます。

POST Request (form-data) の作成

上記のGETと同じように、リクエスト情報に必要となる各項目を入力します。

POSTに必要な項目を設定し、「Send」をクリックします。

ここでは、POSTデータを、form-dataとして送信します。

正常に送信されると、下記の画像のとおり、レスポンスが表示されます。

POST Request (json) の作成

jsonデータを送信するには、下記の画像のとおり、「raw」を選択し、jsonデータを設定します。

レスポンスについては、今までと同様の方法で確認できます。

おススメ書籍


本書は、ライティングテクニックというよりも、

ライティングに必要な心構えや、考え方、メンタル面を多く説明されています。

テクニックよりも、もっと基本的なことを、しっかりとマスターすることで、

書く事がしんどくなくなるという考え方です。

ライティングを仕事にされている方には当然役立つ内容ですが、ビジネスマンにも、かなり役立つ内容になっています。

本書の説明通り、「書くな。」「伝えろ。」を意識することで、文章力も必ず上達すると思います。

また、SNSの伝えたについても、大きな章で説明されているので、SNSの宣伝で苦戦されている方にも役立つと思います。