プログラム開発の情報や、雑記を投稿しているサイトです。

説明力が飛躍的に向上するおススメの書籍

説明するスキルを高めるためのおススメ書籍

コミュニケーション能力を高めたいビジネスパーソンは多いと思います。
実際に、説明が苦手と思っているビジネスパーソンは、かなりの割合だそうです。

私も、仕事や資格の論文対策で、コミュニケーション能力を高めるために、
色々な書籍を読んだり、セミナーにも参加してきました。

そんな悩みを解決するための良書がたくさん出版されています。

中でも、コミュニケーション能力を高めるための書籍としては、
小暮太一氏の書籍を良く読みます。

作家としても有名なので、ご存じの方々も多いと思います。

本記事では、大事なことをスピーディーに説明する技術に特化した初期である
『大事なことを一瞬で説明できる本』を読んでの感想となります。

コミュニケーション能力を高めたいと考えている方々に参考になればと思います。

本書の概要

最初に、説明がうまくいかない理由をわかりやすく説明されています。

どうして、説明がうまくいかないのか?

どうして、説明がわかりにくいのか?

どうして、説明が伝わらないのか?

という理由を徹底的に解説しています。

原因がわかれば、対策もしやすくなるという流れになっており、入り口からとても引き込まれる内容になっています。

そして、説明はつかみが大事という内容に掘り下げて説明が続きます。
説明を聞く相手が何を求めていて、どのように伝えていくのか?
つかみの大切さが理解しやすくなっており、いかにつかみが大切なのか納得ができると思います。

そして、

説明がうまくなるための整理する力、

人を動かす力

的確に説明する力

という順番で、丁寧にわかりやすく続いていきます。

説明にはスピード感が求められている

本書を読んでみて、

改めて、コミュニケーションでは、スピード感が求められていると痛感しました。

相手の事を思えば、

少ない時間で、的確に内容を伝える努力をしなければならないと思います。

自分の話を聞いてもらうという事は、

相手の時間を頂戴しているという事を意識し、丁寧に的確に伝えることが必要だと思います。

社内であれば、ある程度、相手も自分の話を補完して受け取ると思いますが、

取引先などに重要なことを伝えるには、

やはり、スピード感をもって、正確に伝える事が、何よりも大切なマナーだと思います。

コミュニケーション能力は鍛える事ができる

コミュニケーション能力を高めたいと考えている方々は本当に多いです。

コミュニケーション能力は、鍛えれば、鍛えた分以上に、高まります。

ある程度の訓練も必要になるかと思いますが、

本書のように、説明する順番のテンプレートを意識するだけで、

説明力は、大幅に高まり、相手からの信用も一気に高まります。

説明がうまくなるだけで、相手からも一目置かれ、メリットだらけなのですから、

説明力を鍛えない選択肢はないと思います。

本書では、説明力を高めるためのヒントが満載だと思いますので、

ぜひ、ご活用してみてはいかがでしょうか?

大事なことを一瞬で説明できる本